Adobe Flex Development

Adobe Flex Development

Adobe Flex(アドビ・フレックス)は、リッチインターネットアプリケーションの統合開発環境とSDK。デザインにはMXML(Macromedia Flex Markup Language. Macromedia Flexのプレゼンテーションを記述するためのXML言語)を利用し、プログラムにはActionScriptを利用し、Flash Player上で実行するswfファイルを生成する。Flex3からはAIR上でも実行可能。

概要

Ajaxブームの火付け役となったのがGoogleマップと言われており、今日のAjaxを利用した代表的なWebサービスであるが、Webブラウザに依存するJavaScriptによる記述であるAjaxと、Adobe Flash内部で実行しているActionScriptが広義のJavaScript (ECMAScript) であることからこの2つを1つにパッケージングすることによる開発コストの削減、開発環境の整備といった狙いがある。

Adobe FlashはActionScriptというJavaScriptと類似したプログラミング言語を内包しており、これまでもWebブラウザ上でJavaアプレットと同様の目的に使われてきた。Javaアプレットの基本動作制限に見られるような問題点が解消されているため、重宝されている。その意味では、Javaアプレット以上にオブジェクト指向言語によるクロスプラットフォームな実行環境を実現している。

Adobe Flexはその長所をさらに拡げ、Ajaxの弱点であるWebブラウザ毎の実装の相違やバグ、挙動の差異に左右されずに動的なページを作成することができるため、Ajaxよりもクロスプラットフォームでの開発が容易なソフトウェア開発キット(SDK) として注目されている。また、Adobe Flashの開発環境には、タイムラインなどのアニメーション作成に特化した要素が存在し、プログラマはその独特の開発手法を覚える必要があったことに対 して、Adobe Flexでは従来のプログラミング手法を生かせるため、アプリケーションの開発がAdobe Flashよりも容易であると言われている。

また、Flex SDK 3からは、Mozilla Public License(MPL)ライセンスの下でソースコードを公開しオープンソース化された[1]。ただし、Flash Player や Flash Builder はクローズドソースである。