PostgreSQL Web Development

PostgreSQL Web  Development

PostgreSQL(ぽすとぐれすきゅーえる: 発音例)は、BSDライセンスに類似するライセンス[1]により配布されているオープンソースのオブジェクト関係データベース管理システム (ORDBMS) である。その名称は Ingres の後継を意味する「Post-Ingres」に由来している。単純に「Postgres」や「ポスグレ」と呼称されることも多い。

概要 PostgreSQLはIllustraや、Illustraを買収しその技術を採りいれたInformixとともにオブジェクト関係データベース管理システムを実装してきた。[2] 問い合わせ言語には SQL を用いており、SQL92, 99の大部分と、2003, 2008の一部をサポートしている。(一覧 サポートあり / なし)

市場シェア 2008年度の日本国内の調査では、オープンソースDBの利用状況についてPostgreSQL 53.0% と MySQL 51.4% がほぼ横並びであり、世界的なシェアとは状況が異なる。また、日本国内の商用DBMSからOSS DBMSへの移行に絞ると PostgreSQL 76.2% に対し MySQL 45.2% であり、両者の適用先に差が見られる。

プラットフォーム

  • UNIX系列、Linux、Microsoft Windows、OS/2 など多くのOSで動作する。Windowsにおいては、バージョン7.4以前はCygwinを必要としたが、バージョン8.0以降はネイティブで動作する。
  • 32ビット / 64ビット の両アーキテクチャ上で動作する。32ビット版では共有バッファサイズが最大2GBに制限されるが、64ビット版では上限は無い。
  • 配布形態は、ソースコードや RPM の他、EnterpriseDB 社よりGUIインストーラが提供されている。このパッケージにはGUIの管理ツールであるpgAdminやドライバ等の追加インストーラが同梱されている。